ネガティブ感情との上手な付き合い方

いつもありがとうございます。

今年度、ウーマンズシップの取り組みの一つとして「ママ応援セミナー」を開催しております。

保護者の方だけでなく、地域の保育園や小学校の先生向けにも、出張講座をさせて頂いています。

講座の内容は様々。

・子どもの自立力を育む整理収納教育

・子どもの褒め方・叱り方

・親子の会話の大切さ

・子どもを育てるハグ・ふれあいの力

・愛の伝え方・育み方

・ママと子どものからだケアの方法

・時間管理術 など。

それぞれの講師が経験を元にお話させて頂いてます。

辻は、9月に引き続き、彦根のつぼみ保育園へ講座に行かせていただきました。

前回のタッチケア体験講座に続き

(その様子は、つぼみ保育園HPにて素敵にご紹介いただいてます!)

今回は『ネガティブ感情との上手な付き合い方』について

職員様向けにお話しさせていただきました。

イライラ、モヤモヤする感情って、いったいどこから来るの?

とういことから、その感情が出てきたときにどんな風に対処していけばよいか

などをお話しさせていただきました。

また、普段使う言葉がどれだけ自分に影響を与えているかのお話をした後

「自分を褒めてみよう!」のワークをすると、なんと

皆さんの手が止まる・・・。

できてないところにダメだししたり、反省したりすることはあっても

わざわざ自分を褒めることってしないわ~、という雰囲気。

私から拝見する限り、ほとんどの方がご自身の子育てもしながら

保育士としても働かれていて、それだけでも十分に素晴らしい!!

ことなのですが、みなさん自覚がないようで。

でも、自分で自分を褒めるってすっごく大事なので

時間をとって考えていただきました。

「1日の中で自分のことに意識を向けるってなかった。」

という気づきがあったり

「そんな当たり前のことを褒めていいんですか?」

と驚きがあったり。

リアクションは様々でしたが、

「私、がんばってるな」

と、実感いただけたようでした。

自分のことが認められるからこそ、相手のすばらしさにも気付ける。

そして素晴らしさは、大それたことではなく、当たり前のことの積み重ねの中にあるもの。

だと、私は思っています。

今回の講座で、そのことを感じていただけたら嬉しいなと思いました。

お時間作ってご参加いただいた皆様、ありがとうございました。